BBIQよくあるご質問

お客さまサポート

【光電話無線ルーター】無線接続をする場合、2.4Gと5Gのどちらを選べばよいですか?

以下のような特徴があります。
お客さまご利用の環境にあわせて、お選びください。

2.4Gと5Gの特徴

周波数帯 長所 短所
2.4G
(2.4GHz)
・対応機器が多い
・障害物(壁や床など)に強い
・通信距離が広い
・電波干渉の影響が強い
・通信速度が遅い
5G
(5GHz)
・電波干渉の影響が少ない
・通信速度が速い
・対応機器が少ない
・障害物(壁や床など)に弱い
・通信距離が狭い

5Gについて

  • 5Gでのご利用には、ルーターと端末双方が5Gに対応している必要があります。
  • ご利用の機器が5Gに対応していない場合、無線接続設定時に、5GのSSIDは表示されません。
  • BBIQ光電話無線ルーターは5Gに対応しています。

電波干渉について

2.4G(2.4GHz帯)では、以下の多くの無線機器で利用します。
そのため、2.4GHz帯が混雑(電波同士が干渉)し、通信に影響を与える場合があります。

2.4G(2.4GHz帯)で使用する無線通信の例

  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • 電子レンジ
  • コードレス電話
  • ワイヤレスヘッドフォン
  • 無線方式のマウスやキーボード

5G(5GHz帯)について

基本的にルーター以外で利用されていない帯域のため、安定して通信をご利用いただけます。

無線の距離・障害物について

2.4Gの利用

通信距離が広く、障害物(壁や床など)に強い特徴があるため、ルーターとの距離が離れる場合(ルーターと離れた部屋、階数が違う部屋)でご利用の場合、おすすめします。

5Gの利用

通信距離が狭く、障害物(壁や床など)に弱い特徴があるため、ルーターの近くで接続できる場合のご利用をおすすめします。

BBIQ光電話無線ルーター

詳しくは「BBIQ光電話 無線ルーター機能」をご覧ください。

このページは問題解決のお役に立ちましたか?

バナー
  • bnr_01_small.png
  • bnr_02_small.png
  • QTモバイルサポートサイト
powerd by i-ask