[QTモバイルアプリ]着信履歴に対し「QTモバイルアプリ」から発信する場合の注意点を教えてください。

着信履歴に対しQTモバイル電話アプリから発信する場合は、以下をご確認ください。

2022年2月1日から2月13日にかけて順次、QTモバイル(ドコモ回線(Dタイプ))を個人名義でご契約のお客さまは、QTモバイルアプリ経由での発信はできなくなります。
また、プレフィックス番号(事業者の識別番号/0037-692)での発信も出来なくなりますので、電話帳に追加等されてご利用いただいているお客さまは「プレフィックス設定の解除[iPhone][Android]」をご覧の上、手順に沿ってお試しください。

iPhone・Android 共通

個人契約 ドコモ回線(Dタイプ) ・標準通話アプリから発信
au回線(Aタイプ)
ソフトバンク回線(Sタイプ)
・「QTモバイルアプリ」から発信
・「プレフィックス設定」を行う
法人契約 ドコモ回線(Dタイプ) ・標準通話アプリから発信
・「QTモバイルアプリ」から発信
・「プレフィックス設定」を行う
au回線(Aタイプ)
ソフトバンク回線(Sタイプ)
・「QTモバイルアプリ」から発信
・「プレフィックス設定」を行う
上記の発信方法以外で、発信した場合は、以下のようになります。
ドコモ回線(Dタイプ) 発信できない場合があります。プレフィックス設定をされている方はこちらから解除をお願いします。
プレフィックスの設定の解除[iPhone]
プレフィックスの設定の解除[Android]
au回線(Aタイプ)
ソフトバンク回線(Sタイプ)
22円/30秒の通話料が発生します。
【プレフィックス設定方法】
プレフィックスの設定[iPhone]
プレフィックスの設定[Android]

・QTモバイル電話アプリでは一部番号への発着信に制限があります。
 詳しくは、アプリを利用して通話ができない番号を教えてください。をご覧ください。
・国際電話もお得にご利用いただけますが、無料通話時間はありません。
 詳しくは、10分かけ放題とは、どのようなサービスですか?国際電話についてをご覧ください。

※ QTモバイル電話アプリの詳しい設定方法および利用方法は QTモバイルアプリをご覧ください。

iPhoneをご利用のお客さま

QTモバイル電話アプリに着信履歴は表示されません。※発信履歴は表示されます。

iPhone標準の電話帳に登録している相手からの着信

・着信履歴をiPhone標準の電話帳で確認してください。
・iPhone標準の電話帳とQTモバイル電話アプリの電話帳データは同期していますのでQTモバイル電話アプリを起動し「連絡先」項目から着信のあった連絡先を検索して、発信してください。

iPhone標準の電話帳に登録していない相手からの着信

・着信履歴をiPhone標準の電話帳で確認してアプリにコピー可能です。
・コピー方法は、着信履歴から発信する場合をご覧いただき、手順に沿ってお試しください。

Androidをご利用のお客さま

着信、発信ともにQTモバイル電話アプリに履歴が表示されます。

・QTモバイル電話アプリを開き、時計のマークをタップすると、電話番号の下に着信や発信が表示されます。
・そのままQTモバイル電話アプリを利用して、着信があった連絡先に発信してください。
・新しい連絡先はAndroid端末標準の電話帳に登録するとQTモバイル電話アプリに反映されます。

※表記の金額は全て税込です。

お役に立ちましたか?

powerd by i-ask